--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-02-09(Sat)

ジョイたんの体に異常が!続き!

(元気な時)
DSC6y6F0466.jpg


前の続きです。

安楽死・・・安楽死の方法までネットで調べるようになってました・・・
こんな状態で、ジョイが幸せな訳がない・・・苦痛ばっかりだっ!
生きていたいと思ってるわけがないっ!って・・・

でもこれって、私がこの苦痛から逃れたいって思っていたからの考えだったのかもしれません・・・
どうにか安楽死を正当化させたいと・・・
10月の終わり頃、いつもの動物病院へ安楽死の相談に行きました・・

『先生、私、あの子の安楽死を考えているんです・・・』

先生
『ん~・・・あなたは今何が一番辛い?』


もぅ~何もかも辛いわいっっって心の中で思いましたが!

『介護すべてです!眠れないのが一番辛いのかもしれない・・催眠剤も効きません・・だからといって催眠剤を増やす事も苦痛です!どんどん弱っていきそうで・・・眠らせておくしか対処方法が無いことも・・・』

先生
『介護は本当に大変です!本当に可愛がっていないと出来ないことだから、ん~!確かに体力は落ちてしまうと思うけど、思い切って催眠剤を増やして、もうちょっと頑張ってみない・・もうちょっと頑張ってみて、それでも、どうしても無理って時は言ってください、その時は協力します。』
『大丈夫!うちに来る患者さんで、催眠剤を最高6錠飲ませたって人もいたから!』


どうして??やっと決心したのに何で止めるの??
ホントに苦しいんだってばっっ!!って言葉を呑みこんで薬をもらって帰ってきました。。

帰ってたま太郎に話したら『もうちょっと頑張ってみようよ!』と・・・

その後も、ジョイの発狂ぶりは激しく、催眠剤を1度に5錠飲ませる日が多々あり・・・
眠れないのも相変わらず・・・
『もうダメだよ!明日病院に連れて行く!明日安楽死してもらう!』って本気で決めた時がありました、たま太郎も反対しませんでした。賛成もしなかったなぁ~

そして次の日の朝!
何と言う事か、あれだけ毎日朝から発狂してたのに、その日の朝は、穏やかぁ~にスヤスヤ寝てるじゃないですかっしかもイビキかいて
病院には連れて行けませんでした。(おとなしいのはその日だけだった・・・)
その後も、やはり同じように安楽死をお願いしようって決断した日があり、ですが・・・早朝からスヤスヤ寝ているんです!

その時たま太郎が『ジョイは分かってるんだよ!まだ生きていたいんだよ』って!
私もそう思いました!
それにきっと『止めなさいっ』て姿は見えないが、誰かが私に伝えてるんだって!
この時、私の頭の中から【安楽死】って考えを取っ払いました
たま太郎 『よかったねぇ~ジョイちゃぁ~ん!殺されちゃうとこだったねぇ~』 と顔をすりすりしてました!・・・・何だか私って、ものすごい酷い人間みたいじゃないかっ

今思うと、本当に止めてよかったと思います!
(元気な時の寝姿癒されるぅ
DSCF0433358.jpg

安楽死ってすごく難しい問題ですが、必ずしも悪い事ではありませんよね。
どうゆう状況で安楽死を選ぶかって事が重要で、世話が面倒だから・・とか、飽きたから・・とか人間の都合での安楽死は最悪です!許せません

ですが本当に可愛がって愛情をそそいできた飼い主が、病気のワンコに対して安楽死を選択することは仕方の無い事だと思ってしまいます。
悩んで悩んで苦しんで出した結論だと思いますから!
誰も責める事は出来ません!
ネットで安楽死に関して、いっぱい検索しました!
いろんな意見がありますね!
否定的な意見と肯定的な意見、半々くらいでした!
悩んで悩んで痴呆犬の安楽死を決断した人に対して『安楽死するなんて酷いと思いますっ!可愛がってた犬でしょ!信じられません!』って意見がありました!
この方は、まだ若いワンコを飼っているようでした。
これを見て、ちょっと怒りが湧いてきました・・・

あんたには分からないっ!どんだけ介護が大変で苦しいか!無責任な事を言うなぁぁ~!って・・・
でもこれは経験しないと分からない事だから・・・
確かに安楽死って残酷に聞こえるからね・・・
みなさんはどう思いますか・・・?

(10年以上、ほぼ毎日車で連れて行っていた、ジョイの大好きな河川敷の土手今は行けなくなっちゃったね~
DSCFww388.jpg

そんなこんなで今に至ります!
そして、同じく老犬介護を頑張ってる方のブログを発見!!
もぅホントに嬉しくなりました
頑張ろうって気持ちになりました

長々と支離滅裂な文章を読んで頂いてありがとうございましたぁ。
これからは昔の写真を入りまぜながら、ジョイの日々を伝えていきたいと思いますぅ
見に来てくださいねぇ~










スポンサーサイト
2008-02-08(Fri)

ジョイたんの体に異常が・・・

2007年の6月私とたま太郎は3日間家を空けることになりジョイを実家に預けました。
泊まりで出掛ける時はいつも預けてました。

2日目の夜、面倒を見てくれている妹から電話があり『ジョイが鳴いて鳴いて様子がおかしいっ狂ったように鳴いてるし、首が変な方向むいちゃってる、絶対おかしいよっ』って!

ジョイは昔から気に入らない事があると鳴いて騒ぐワンコだったので、私はこの時それがいつものグズリだろうとしか思わなかったんです・・・首の件も、いまいちよく伝わってこず、聞き流してしまいました・・・

そして次の日実家に戻ったのが夜の10時。
ジョイの姿を見た時、本当に心臓が止まるかと思うくらいショックでした・・・
あまりの異常さに、どうしていいのか分からずあたふたしてしまった・・・・
首が曲がってしまい、おでこが床に付いている・・なのに体は横を向いてるんです。
その状態でギャワンギャワン鳴いている・・・それに目が左右にすごい早さで揺れてる。
明らかに脳に何か異常が起こったんだと思いました・・
『どうしてこんな状態で放っておいたの-』って思わず親に怒鳴ってしまった・・・
妹も親も一生懸命面倒見ててくれたのに・・・申し訳ありません
その時間じゃ病院は難しく、次の日の朝一番に掛かり付けの病院に行くことにしました。
その夜はジョイを膝の上に乗せて一晩中鳴きながら(私が)首を撫でてあげてました
ずっと抱っこしててあげると興奮が治まり、眠ってくれました
寝ている時は少し首の緊張が和らいでいたような気がします。

次の日朝一番に病院に行きました。
車の中でもギャワンギャワン鳴いている状態!
先生に車まで来てもらって診察!
血液検査、結果内臓には異常無し!
『脳梗塞のような状態なんだと思います』と言われました!
注射を何本か打って、斜頚の薬をもらいました。
そして驚きの言葉が・・・
『安楽死も頭に入れておいたほうがいいかもしれないね・・・あの状態じゃ可哀想だもんね・・・』って・・・すっごいショックでした。
確かにその姿は可哀想だった・・・
『でもあなたならどんなに大変な状態でも見てあげられるわね、頑張ってみましょう』って言葉をもらいジョイと一緒に帰宅しました。
帰りの車では泣けてきて泣けてきて前がまったく見えなかった・・・危うく事故るとこだった。

家で1人になって、今までの人生でこんなに泣いたことは無いってくらい泣きました。
かなりジョイに依存していたんですね!突然いなくなるかもしれないって思ったら涙が止まらない・・・それから3日間は酷いむくれた顔になってた

帰ってきてからネットでジョイの症状を散々検索しました!!
結果、左右に動く眼球・首の曲がり(斜頚)などから前庭疾患ではないかと!
前庭疾患は高齢犬に多く発症する病気らしい,急性の内耳炎でも発症するらしい!
ジョイは昔から耳がグチュグチュになりがちでした。
薬を飲んだり,点耳薬を使ったりするんですが、すぐに再発します。
前庭疾患になる要素は完璧に満たしてます!
前庭疾患は死ぬようなことはない!とゆう内容!
勝手に前庭疾患と決め付け、希望を持ちました

それから1週間はほんのちょぉ~っとしかご飯を食べてくれず・・・
とにかく食べない事には復活しないぞっって事で、缶のカロリーエースって言ったかなぁ
液体状の栄養食を注射器に入れて飲ませました!半分無理やり
そしてレバーを食べさせたら少し食べてくれて、でも食べると下痢ってしまい・・・ジョイも辛そうです・・その後レバーも食べてくれなくなり、今度はねこの餌缶!!これは結構食べてくれました!なのでそれからはずっと猫缶でした☆
少し食べるようになってからは、首の斜頚も徐々に良くなり元気が戻ってきました
これで元に戻ってくれるぅぅ~って、元気になってくれるぅぅ~って信じてました・・
だけどこれからが地獄の始まりだったんですねぇ~
Image055_00.jpg

斜頚は少し残ってますが、目の動きも落ち着きはじめた時の写真!
Image052_00.jpg

このころから昼夜問わず鳴いて叫んで暴れてが始まりました
この鳴き声の凄まじさ!この可愛い顔からは想像できないような雄叫び!
なんなの~っっ!!ってな事態におちいりました!
これが痴呆だったんですね!
それから痴呆の事を調べだしました!
ジョイの症状すべて痴呆症状に当てはまります!
そうそう書き忘れましたがジョイは1歳の時に交通事故にあい、右後ろ足の足先の感覚が無いんです!14歳くらいまではそんな障害ものともせず走り回ってました!
でも今はすっかり衰えて引きずっている状態です。
そのせいもあって倒れてからは自分で立ち上がることも出来ず、もちろん歩くこともできません!

いやぁ~・・・毎日狂ったように鳴いて鳴いて!
鳴き声はまるで人間の雄叫び!!『ウヒィーウヒィーワァァアアア~』って・・・
住宅地な為、鳴き声はすっごい困る!!
とても鳴かせっぱなしにできる環境じゃないので本当に参る・・・
なんとか落ち着かせる為につきっきり!なだめてなだめて眠らせる・・・
3時間ぶっ通しで鳴きわめいて暴れる!そして2時間ほど寝て、また3時間騒ぐ!この繰り返し!たまこはまったく家を出られない状態!気が狂いそう・・・
Image061.jpg


きっと立つことが出来ないから余計に鳴くんだろうなぁ~歩くことが出来れば気が紛れるんだと思う・・・足を支えてあげて歩かせると、ひたすら円を描いて歩く!でも中腰になって支えている為たまこの体力がもたず長く歩かせられない!それでも毎日歩かせました!

最初の2ヶ月くらいは昼夜騒いでも、なぜか夜11時~朝5時くらいまでは寝てくれたんです!3ヶ月ごろから興奮が悪化し手が付けられない状態に・・・
2時間寝て3時間鳴いて暴れるの繰り返し!夜中も例外ではない・・・
この頃は働いて帰ってくるたま太郎に夜中の面倒は可哀想でみさせなれない・・・と思い、24時間のほとんどを1人で世話してました!
夜中2時間おきに起こされ、毎日慢性的な睡眠不足!
それが1ヶ月続いた頃、私は身も心もボロボロ・・・精神的に参ってしまった・・・
あんなに可愛くて可愛くてしょうがなかったジョイに対して『頼むから死んでくれぇ~』って思いが・・・酷いよね・・・
あまりの辛さに動物病院に相談!
この痴呆の症状を改善する薬はなく、痴呆犬用のドックフードやサプリを与えるそれか催眠剤で眠ってもらうしかないとの事・・
この時からプリスクリプション・ダイエットb/dを食べさせる!
そしてどうしても我慢できない時にと催眠剤をもらう!催眠剤にはかなり抵抗がある!
この頃から毎日のように安楽死を考えるようになった・・・

(元気な時のお散歩写真、気持ちよさそうだねぇ~
DSC33F0470.jpg

(うへぇぇ~疲れちゃったよぉってな顔だね!)
DSCF039ww0.jpg


安楽死を考えてしまう自分が嫌で嫌で仕方なかった・・・
でもあまりの辛さに毎日1度は考えてしまってました
そしてある日の朝5時ごろいつもの雄叫びが始まり、オチッコをさせに外に出て、オチッコ体制をとらせた途端、今までの雄叫びを超えるもんのすごい声で鳴き出したんですっ
本当にビックリしたぁ!私の心臓が止まってしまうよぉ!
しかも鳴き止まない!!なにっ?!なんなのっ!?どうしちゃったの??って戸惑うばかり・・
ジョイの体を揺すったその途端、大量の水下痢!下痢の後も1時間鳴き続ける・・・
この時に初めて催眠剤を1錠飲ませました。それでも1時間騒ぎ続け、さらにもう1錠催眠剤を飲ませる。30分後にパタッと寝てしまった・・穏やかな顔で・・・
この時は、辛くて、可哀想で泣いてしまった
『もうダメかも・・・絶えられないよ』とたま太郎に弱音を吐く・・・
催眠剤は出来るだけ飲ませたくなかったのに・・・

その日は丸1日寝続けてました!まったく起きないんです・・
ちょっと心配になり『ジョイジョイ起きなよぉぉ~』と体を揺すってみると、目をつぶりながら、いつもの伸びぃ~(ワンコって寝てるときに手足を突っ張らせてのびのびぃ~ってしますよね)を気持ちよさそうにしてました!!ビックリしたけど安心しました!
なぜかその後の1週間は落ち着いてました!
催眠剤で頭がぼぉ~としてたのか!?私としては非常に助かりました!

ですが1週間後からはまたいつもの雄叫び!暴れ!
それからは興奮がMAXな時に催眠剤を飲ませました。(1錠)
しかし3回目に飲ませた時から1錠ではまったく効かなくなり、2錠に増やしました・・
それでもすぐには効きません、というか実際効いているのかどうか??
飲ませてから興奮状態が酷くなり3時間後に眠りにつくような状態・・
この頃からは、たま太郎も夜中のお世話を手伝ってくれるようになり少しは楽になったんですが・・・
ジョイの状態は酷くなる一方・・・
それに倒れる3ヶ月前くらいにジョイの前足の付け根(胸側)にしこりがあるのに気が付きました!親指の先ぐらいの柔らかいしこり!
病院での診断は脂肪のかたまりでしょうとのこと。安心してたんですがこの腫瘍が倒れてからみるみる巨大化しこの頃にはピンポン玉程に・・・
寝ている状態で暴れて腫瘍を擦りつける為、とうとう腫瘍が破れてしまいました・・
Imagdde07811.jpg

2cmの傷パックリ開いちゃってます。
縫うことも出来ず抗生物質が塗ってあるネット状の添付剤を付けてガーゼで押さえ包帯でグルグル巻き!(病院の処方)
同時期にかなりの頻尿になり2時間おきに鳴いてオシッコ!オシッコの前後の興奮がひどい!しかもオシッコの最後に膿らしきドロ~ンとした液体が出る!
これって膀胱炎??痛くて鳴くのかい??とまた病院、膀胱炎の薬サワシリンをもらう。
飲ませて膀胱炎が治れば鳴かなくなるかなぁ~って淡い期待
薬を飲ませて1週間、膿は出ないが頻尿と興奮は変わらず・・・ショック・・

また私は精神的に追い込まれていき、毎日悩む・・・
ジョイたん目は見えないし、耳は聞こえないし、歩けないし、起きているときは興奮状態でどうにもならないし、膀胱炎は治らないし・・・・胸の傷もよくならないし・・・
毎日薬漬けで・・・こんな状態で生きてるの辛くないかい??って毎日話しかけてました。
催眠剤もどんどん量を増やさないと効かなくなってるし・・・
また安楽死を考えるようになりました。














プロフィール

joytama

Author:joytama
2008年2月に17歳になったジョイ(女子) & 今年3☆歳になった24時間完全介護人たまこ♪
ジョイは昨年6月に脳の障害で倒れる!その後復活したが、すっかり痴呆ワンコ★
そんな私達の明るく楽しい!?介護日記♪

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
コメントありがとうございます♪
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア
いつでも里親募集中
ランキング参加中
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。